• 会社情報
  • 製品情報
  • 導入企業・事例
  • 採用情報
  • お問合わせ

製品情報

セミナー案内

お問合わせ

Sapiens 製品概要

開発方法

プロトタイピング&スパイラルでの開発方法
開発者とエンドユーザーが共同で取り組むアプリケーション開発

Sapiensでのアプリケーション開発は、プロトタイピング&スパイラル型の開発方法をとります。
まず、アプリケーションにどのような情報が必要かを大まかな仕様としてとらえ、Sapiens知識ベースに定義をします。
その定義された情報を元に、Sapiensが数秒で実際に稼働するアプリケーションを生成しますので、エンドユーザーは実際に使って見て、情報の不足や不都合、要望などがあれば、必要に応じ定義を追加・変更し、改めてアプリケーションを生成するということを繰り返して行きます。
このような手法をベースとした開発方法によって、エンドユーザーと開発者が共同でビジネスアプリケーションを作成する、真の意味でのJAD(Joint Application Development)が可能になります。これならば仕様の漏れによる本番稼動後のトラブル防止も万全に行え、更に仕様の凍結が不要なのでメンテナンスも容易となり、余計な工数やコストを削減できます。
プロトタイピング&スパイラルでの開発方法 イメージ
ページトップへ

Sapiensでの開発手法と適用範囲

Sapiensでは、プロトタイピング&スパイラルでの開発手法を基本としています。
要件定義の確定以降、外部設計→開発→単体テスト・結合テストを一体化して行うことにより、ウォーターフォール型手法に比べ、劇的な期間短縮・工数削減が実現できます。
従来の開発方法とSapiensの開発方法の比較 イメージ
ページトップへ